Event is FINISHED

Camp online market vol.1/昼の部

Description
※このページは、Camp online market vol.1【昼の部】の申し込みフォームです。

2020年6月13日(土)、Camp Inc.はオンラインビデオツール「Remo」を使用したオンラインイベント「Camp online market vol.1」を開催します。

今回、フード・ドリンク、本、ファッション、音楽、グラフィックなどジャンルを問わず約30組の出店者が参加するカルチャーマーケットやクリエイターによるトークセッションのほか、特別企画として国内アーティストエージェンシーのvision trackによる、ライブアート・パフォーマンス「LIVE ART ONLINE by vision track」も同時開催。

さらに前夜祭として4日連続で開催するInstagram Liveなど主に4つのプログラム構成で、距離も国境も越えて梅雨と#stayhomeの時期を楽しく過ごせる時間をお届けします。


※Instagram Liveはこちらのアカウントからお楽しみください。

https://www.instagram.com/anonymouscamp_tokyo/


【概要】

Camp online market vol.1
・日程  :2020年6月13日(土)
・時間  :【昼の部】15:00開始/17:00終了
      【夜の部】20:00開始/22:00終了
※開催時間中は自由に出入りすることができます。
・参加費用 :無料
・申し込み :昼の部/https://comvo1hirunobu.peatix.com/
       夜の部/https://comvo1yorunobu.peatix.com/
・参加方法
イベント開催時間となりましたので、参加に必要なURLをPeatix「イベント視聴ページ」に表示しております。
お申し込みいただきましたらご留意事項をご確認いただき、イベント視聴ページよりアクセスの上ご入室ください。

・定員  :昼の部/80名
      夜の部/80名

・開催場所:オンラインビデオツール「Remo」

・出店クリエイター一覧:
▼フード・ドリンク
木村宗太(東京)/東京フルーツ“果物の達人”(東京)/OKOSHIYA(東京)/USHIO CHOCOLATL(広島)

▼本・雑誌
ふもと出版(東京)/BOOK TRUCK(神奈川)/秋刀魚(台湾)

▼ファッション・音楽
POUCH THING(東京)/to-te(東京)/netuii(東京)/MIN BAGGAGE(神奈川)/槇田商店(山梨)/crep(東京・大阪)/+10・テンモア(台湾)/BIG ROMANTIC RECORDS(東京・台湾)

▼グラフィック
Aikoberry(東京・台湾)/Wei Hsuan(東京・台湾)/Miyabi Shuu(台湾)

▼LIVE ART ONLINE by vision track
ヨシダエリ(大阪)/関川恵(東京)/小鈴キリカ(東京)/前田豆コ(東京)/Amy Matsushita-Beal(エイミー)(東京)/松原光(神戸)/峯山裕太郎(東京)/世戸ヒロアキ(福岡)山崎真理子(京都)


・みなさまにご準備していただくもの:
-PC
-インターネット環境(Wi-Fi等)

・協力:vision track
・主催:Camp Inc.

※イベントの内容は予告なく変更する可能性がございます。ご了承ください。
※出店者テーブルには出店者を含め6名の方が入場可能です。
満席の場合には別テーブルで席が空くのをお待ちいただくことがあります。ご了承ください。
※昼の部、夜の部それぞれPeatixからの申し込みフォームが異なります。
両方の参加、あるいはどちらかだけの参加も可能です。参加される時間のお申し込みフォームより入場チケットを取得してください。
※「LIVE ART ONLINE by vision track」へのご参加方法につきましては、夜の部Camp online market vol.1入場チケットを取得いただいた方に、別途予約フォームをお送りさせていただきます。ご希望の方は、そちらのフォームよりお申し込みください。
※各クリエイターは、昼の部、夜の部のいずれも参加する場合と片方のみの場合があります。
※PC環境での参加をお願いいたします。タブレット端末や、スマートフォンからの参加は出来ません。



【出店クリエイター紹介】


▼木村 宗太
帽子屋CA4LAと、バリスタを経て、2018年に日本茶ティースタンド【八屋】の店舗責任者に就任。日本茶とオリジナル果実シロップを合わせたドリンクや、和食材のかき氷を考案したりしながら日本茶の新たな可能性を探っている。また個人でのケータリングなども行っている。
Instagram:@sota_syrup

▼東京フルーツ“果物の達人”
フルーツアドバイザー。山梨大学大学院卒。ワイン科学研究センターに所属し、ブドウの育種、ワイン醸造、乳酸菌について学ぶ。大田市場にて、フルーツ定期宅配”果物の達人”の企画運営兼バイヤーを担当しています。果物に関わって9年目になります。小さいころからフルーツが大好きで、仕事でフルーツに関わることになってより大好きなりました。おいしくて、楽しいフルーツをよりたくさんの方に食べてもらい、本当においしい感動するフルーツを届けていきたいです!
Web:https://www.kudamono-tatsujin.com/
Instagram:@tokyo.fruits

▼OKOSHIYA
ひとのココロをおこしたい。
OKOSHIYAは、日本の伝統文化である和菓子「おこし」の新ブランドです。 創業55年続く歴史と職人による高い技術力によって、 「おこし」の概念を覆す斬新な食感と味わいを実現しました。
「雷おこし」ではない、職人が一つ一つ心を込めて作り上げ、伝統と現代が調和した新しい「おこし」をご賞味ください。
Web:https://okoshiya.official.ec/
Instagram:@okoshiya_official

▼ふもと出版
石崎嵩人、原田康平、山本梓による出版ユニット。2019年結成。
飲食店店主や本屋など、町に暮らす30人のエッセイを集めた文集「世界で一番好きな店」をふもと出版初の書籍として2020年5月に刊行する。今後も「裾野を広げる出版活動」をテーマに活動を続ける予定。
特に興味のある分野は町、食、人、店、旅行、自炊など。
Web:https://fumoto.club
Instagram:@fumotopress

▼POUCH THING
ブランド名は品物を入れて運搬する用具の総称「袋物」に由来します。ものを運びやすいという基本的な機能を重視しながらも従来鞄に使用されることの無かった様々な素材や形状を取り入れ、鞄作りの常識にとらわれない新しいカタチを追求しています。
Web:https://pouchthing.stores.jp/
Instagram:@yrocksteady

▼to-te
to-teはデザインコンセプトを通して人との繋がりや会話のきっかけ作りの提案を行うプロダクト・ファッションブランドです。
ブランド名のto-teは「言伝(ことつて)」や「つてを頼りに…」といった「つて」という言葉の意味と「to - 手(て)」手から手へと受け渡されていくその時を大切にしたい
という想いをブランド名に込めました。
“らしさ”を創る をコンセプトに、シンプルな構造で、使う人が自由な発想でアレンジを楽しむファッションアイテムを制作しています。
Web:https://to-te.jp/
Instagram:@to_te_0113

▼netuii
新潟県出身のテキスタイルデザイナー、着物の図案師です。
ブランド名の「netuii」は、雪国の小さな街の言葉で「嫌みなくらい丁寧な」という意味合いの「ねつい」から付けました。
日々の中で見つけた「トキメキ」を丁寧に拾い上げ、柄を通して表現しています。
手にした人にも「トキメキ」を感じて貰える事を願いながら。
Web:http://studio-sugisaki.com/
Instagram:@_netuii_

▼MIN BAGGAGE
canvas × “◯◯”帆布と、ある「要素」をかけ合わせることで、持つ人の
所作と好奇心にアプローチするバッグブランド。
帆布という馴染みのある素材に、様々なキーワードや素材を組み合わせることで
デイリーバッグに面白い化学反応をもたらします。
普段使いしやすく暮らしに馴染む造形の中に、1適のユーモアが滲むようなものづくりを目指しています。
Web:https://minbaggage.katalok.ooo
Instagram:@minbaggage

▼BOOK TRUCK
BOOK TRUCKは公園や駅前、野外イベントなどの行く先々に合わせて、その都度品揃えや形態が変わるフレキシブルな移動本屋です。新刊書、古書、洋書、リトルプレス、雑貨などを販売しています。
Web:https://www.facebook.com/Booktruck/
Instagram:@book_truck

▼槇田商店
創業1866年、江戸時代からの織物づくりを活かし、「もったいない」という素晴らしい言葉をキーワードに、ただの雨露・日差しをしのぐだけの「モノ」ではなく、日本の風土に根差した文化を大事にした傘を作りたいと考えています。「持っていて楽しくなる傘」「ちょっと素敵に見える傘」「大切に使いたくなる傘」そんな傘を展開していきます。
Web:https://www.makita-1866.jp
Instagram:@makitashoten_1866

▼USHIO CHOCOLATL
「ウシオチョコラトル」は広島県尾道市向島の立花海岸を望む山中にあるチョコレート工場。シンヤ、やっさん、A2C の3人が集まり2014年11月1日にオープン。
現在はクレイジーなメンバーも増え「食べるチョコレートから感じるチョコレートへ」を合言葉に新しいチョコレートの可能性を探求し、珍道中を繰り広げる。良質なカカオ豆を求め世界中のカカオ農園を訪問し、直接仕入れたカカオ豆も使用し、カカオ豆の焙煎からチョコレートの製造・販売までの工程を自分たちで行う。カカオ豆の産地ごとの個性を生かし、カカオと砂糖のみで作られた脳天直撃チョコレートをお楽しみください。
Web:https://ushio-choco.com
Instagram:@ushiochocolatl

▼crep
山陽製紙は1928年創業の製紙会社です。電線や鉄などを包装するシワのある紙、工業用クレープ紙を作っています。2016年に誕生したアップサイクルブランドcrep(クレプ)では、この工業用紙の丈夫で軽く、水に強い性質を活かし、自然に親しみ・楽しむデザイン雑貨を展開。再生紙のため、斑点や個体差が生じますが、その独特な風合いのレジャーアイテムが屋内外を問わず、ピクニックシーンをナチュラルに彩ります。
Web:https://www.sanyo-paper.co.jp/crep
Instagram:@crep_sanyo_paper

▼Aikoberry
イラストレーター
台灣・台北出身。出版社の編集を経て来日。食べ物や日常生活の出来事などを描くのが好きで、カラフルなで丁寧なタッチが特徴。今はフリーランスで、書籍や雑誌の挿絵、展示やイベント、似顔絵ワークショップなどせっせと活動中。
Web:https://rcougiaikoberry.tumblr.com
Instagram:@aikoberry

▼Wei Hsuan
笑わせたい気持ちを込められて、ユーモアを感じたイラストレーショングッズやZINEを作っています。作り手は台北出身・東京在住のイラストレーター Wei Hsuan(ウェイ シュエン)です。
Web:https://weihsuan.com/
Instagram:@weihsuan921

▼Miyabi Shuu
1993年台湾台南出身、イラストレーター、DJ、スタイリストとして主に台湾と日本で活動しています。銭湯が好き。
Web:https://www.instagram.com/shuumiyabi/
Instagram:@shuumiyabi

▼+10・テンモア
+10・テンモアは2012年に台湾でうまれた靴下ブランドです。
「誰しもが持っている宇宙観で生活の細々とした所をもっと大きく!自分を中心とした世界で視野を広くして生きていきたい!」というブランドテーマを掲げ、美しい想像力と優れた品質を靴下に詰め込んでいます。あなたと風を切って歩く
Web:https://www.10moresocks.com
Instagram:@10moresocks

▼秋刀魚
季刊の『秋刀魚』は、台湾で最初の、中国語による日本文化をテーマとする雑誌である。生活、アート、デザイン、歴史、科学など、多面的に日本文化を紹介する。毎回、ひとつに焦点を当て、台湾と日本のライターの寄稿やインタビューで、様々な観点や記事をまとめる。日本へ旅行に行きたい観光客、日本の文化を研究している学生、日本のアートを鑑賞している会社員にとって、十分に満足できる雑誌である。
Web:http://qdymag.com/
Instagram:@qdymag

▼BIG ROMANTIC RECORD
「BIG ROMANTIC RECORDS / 大浪漫唱片」
東京と台北を拠点に世界の浪漫溢れる音楽を紹介するレーベル。
制作物はレコード、詩集、グッズなど多岐に渡る。その他にイベントプロデュース
やコーディネートも手がけ、アジアインディーズのムーブメントを先駆ける!
Web:http://www.bigromanticrecords.com
Instagram:@bigromanticrecords

※上記は、昼の部に出店するクリエイターです。
夜の部に出店するクリエイターについては、
夜の部申し込みフォーム(https://comvo1yorunobu.peatix.com/)よりご確認ください。



【ご留意事項】

下記のご留意事項を事前にご確認のうえ、当日ご来場ください。

・参加環境について:
PCからご入室の際は「Google Chrome」また「Safari」のご使用を推奨いたします。
※どちらかのウェブブラウザで不具合が生じた場合は、もう片方のウェブブラウザをご使用いただき再度ご入室をお試しください。
ビデオ機能、通話機能を使用するイベントになります。ご自身のwifi環境をお確かめのうえご参加ください。
「LIVE ART ONLINE by vision track」にご参加いただく方につきましては、ビデオ機能をONにした状態で会場へのご入室をお願いいたします。
言語表示を日本語に切り替えると一部機能にエラーが出る可能性がございます。英語表示でのご参加ください。
また、PCやインターネット環境によって、サービスが正常にご利用いただけない可能性がございます。予めご理解いただけますと幸いです。
※スペックの関係でRemoにログインができない方が時々みられます。Remoを利用する際の推奨PCスペックに関する詳細は、下記Remo help ページをご覧ください。事前に必ずご確認ください。
<リンク>What are the technical requirements and supported desktop and laptop devices for using Remo Conference?

・名前、顔の表示について:
イベントの様子を後日記事として公開いたします。
お顔の掲載がNGな方は、ビデオ機能をOFFにして入室、またはビデオ機能に ※snap camera などを使用しフィルタをかけて参加するなど、ご自身での対応をお願いします。
名前に関しては記事化する際に画像処理で伏せさせていただきます。イベント内で本名を知られたくない方については、入室前にニックネームに変更するなど、ご自身での対応をお願いします。掲載前の記事確認は予定しておりませんので、ご了承ください。

※snap cameraについて

・イベント中の不明点について:
”Camp Owner”や”Camp”と名前に書かれた人物にチャット、または直接お問い合わせください。個別に対応いたします。

・禁止事項について:
出店者をはじめ、他のお客様への一切の迷惑行為を禁止します。
(例発言や行為によって他者を嫌な気持ちにさせる表現、相手が困るようなつきまとい行為 など)
万が一迷惑行為が発生した場合、見かけた場合には速やかに”Camp Owner”や”Camp”と名前に書かれた人物にご連絡ください。
個別に対応いたします。運営側からの注意後も迷惑行為がおさまらない場合には、該当の方について今後のCamp Inc.主催イベントへのご参加を禁止させていただく場合がございます。

・ほか:
運営側からのご案内は、Peatixのメッセージ/メールより配信をさせていただきます。Peatixのアプリまたはご登録済みのメールアドレスよりご確認ください。
※随時、様々な変更・注意呼びかけが予想されます。詳細はPeatixまたはfacebookのイベントページにて各自ご確認ください。(facebookのイベントページは6月8日(月)にURLを更新予定です。)

主催者:
Camp Inc.
問い合わせ先:株式会社Camp 澤木・服部
event@campsite.tokyo

ルールを守り、みんなで楽しいイベントにしましょう!

(最新更新日:2020年6月5日)
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#622121 2020-06-13 05:57:24
Sat Jun 13, 2020
3:00 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
入場チケット FULL
Organizer
株式会社Camp
173 Followers